がんばってます
プロフィール

とき

Author:とき
ゲームとか適当に。

iPhone5のau/softbankのプランが発表されましたね。
キャンペーンが色々ありすぎてまだまとめている最中。

本体代実質0円ということでau/softbankはともに同じとよく書かれている。
しかし、気をつけて欲しい。"実質"という点。
そもそも実質0円とはどういうことか。
長くなるけど説明してみます。

まずは実質ではない本体代。au/softbankのそれぞれ料金のところによく見れば書いてある。
容量 / au / softbank
16GB / 61680円 / 51360円
32GB / 72000円 / 61680円
64GB / 82320円 / 72000円
実はauの方が高い。
この金額を一括で払うことも、分割(12,18,24ヶ月)で払うこともできる。

また、auであれば毎月割、softbankであれば月々割という名目で
"16GB本体代を24回分割した額だけ毎月値引きされる"
注意したいのは毎月 (16GB本体代/24) 円の割引なので、2年間契約し続けることで本体代と相殺される。
これが実質0円ということ。


では2年経たずに解約した場合にはどうなるのか。
解約した段階で毎月の値引きが終了する。しかし本体代は当然払わないといけない。
つまり実質といってごまかした部分が露呈する。
途中で解約した場合には本体代の差が直接支払額に影響してくるため、auのほうが本体代に対してはコストがでかい。
とはいうものの大抵2年契約(auなら誰でも割、softbankなら時期によるがホワイトプランn(i) )をしているので、
2年未満で解約すると違約金(9975円)がかかる。


まとめ:
違約金を払ってでも2年未満で解約した場合には本体代の差が影響され、auのほうが若干高い(解約時期にもよるが少なくとも1万円以下)。
2年間きっちり使うなら変わらない。
つまり、本体代の差はあまり問題ではない!?


※auの誰でも割とは
2年間契約を結ぶことで基本料金が半額(=980円/月)になる。
2年間経つと自動的に次の2年契約が更新されるため、
2年1ヶ月あたりで機種変更なりMNPなりで自発的に契約しなおさないと、違約金の罠にはまる。
とはいうものの、auであれば一般的にこの割引を利用する。

※softbankのホワイトプランn(i)とは
http://online-shop.mb.softbank.jp/ols/html/service/white.html
softbank版の誰でも割みたいなもの。
というか色々名目をつけたりしたものの、結果的な料金設定はほぼ同じとなっている。
ホワイトプランは実はちょこちょこ中身が変わっているらしくて、
現在のホワイトプランに2年契約規則があるかどうかは未調査。
2012/09/15 03:31 iPhone TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセスカウンタ
広告
ブログ内検索
ココログ応援中
Hearts『ナツイロココロログ』応援中です!