がんばってます
プロフィール

とき

Author:とき
ゲームとか適当に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
環境:Linux Mint 12 on VMware player

簡易インストールではなく、空HDDスペースを作ってからCD/DVDインストール。

Ubuntuでもよかったけど、日本語環境がLinux Mintのほうが整っていると過去に聞いたことがあったから選んだ。
Linux MintはUbuntuベースのディストリビューションなので、
詰まったときにはUbuntuを参考にすればうまくいくことが多い。
もちろん、パッケージインストールはapt-getでできる。

インストールのときに言語で日本語に設定し、日本語キーボードを選ぶとたしかにところどころ日本語。
しかし、一番大事な日本語入力は初期段階ではできない模様。

○日本語入力環境構築
・Menu -> ソフトウェアの管理を起動
・Mozcで検索してibus-mozcを選択、インストール
・(ここで一旦再起動/ログアウトが必要かも?)
・Menu -> その他 -> Keyboard Input Methodsを起動
・Input Methodタブの中のSelect an input methodから日本語 -> Mozcを選択
・終わり (再起動/ログアウトしなくても入力できるようになった)

○VMware Toolsのインストール
入れるといろいろ便利なVMware Toolsのインストール手順。
・VMware player側の仮想マシンタブにあるVMware Toolsのインストールを選択
 -> Linux側で窓が開かれて、VMware toolsがマウントされた状態になる
・ターミナルを開いて、tarコマンドで解凍する
・解凍先で sudo ./vmware-install.plを実行。
・いろいろ出てくるがとりあえず全部Enterなり、yes/noは書かれたとおりに打っていく
・終わり。最後に一応再起動しておく。


VMware Toolsを入れれば、ユニティモードも完璧。
2012/03/09 02:31 PC:備忘録 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセスカウンタ
広告
ブログ内検索
ココログ応援中
Hearts『ナツイロココロログ』応援中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。